サンマルクカフェのバイトはきつい?口コミ評判から検証してみた

MENU

サンマルクカフェのバイトが不安な方へ

お洒落なカフェでアルバイトをしてみたい!と思うひとは多いようです。学生の人気アルバイトのひとつでもある、カフェでのアルバイト。そんなカフェの店舗の中でも有名なのが「サンマルクカフェ」です。お客としてお店を利用するひとも多いと思いますが、実際サンマルクカフェのバイトはどんな感じなのでしょうか。

 

 

ネットの情報などで評判などあまり良くない印象を受けた人もいるかもしれないですが、サンマルクカフェのアルバイトについて実際に働いていた方の口コミ評判などを調べてみました。他にも基本的な仕事内容や面接対策なども書いておりますので、ご参考に。

 

 

サンマルクカフェ バイトの口コミ評判

忙しい時間帯と暇な時間帯に分かれるのですが、特に忙しい時間帯は慣れていても焦ったりするときがあります。

しかも私が働いていたお店は従業員の人数が圧倒的に少ない。忙しさと比較しても全然足りないじゃん!ってずっと思っていました。
せっかくバイトで入ってきた子も数名いたのですが、この厳しい状況に耐えれず1か月ぐらいで辞めてしまった。しかも時給は普通レベル。
ただ一緒に働いてた仲間とは今でも繋がっています。そういう意味では働いて良かったのですが、バイトの中でもきつい部類に入るのではないでしょうか。
評価:

 

学生時代にサンマルクカフェでアルバイトを約3年間していました。オープニングスタッフからだったので、一緒に働く仲間と社員のマネージャーさんともに仲良く働くことができました。

コーヒーについてなども学ぶこともできたのが良かったです。
忙しいときは、時間が経つのがあっという間でしたが、ショッピングセンターにあるお店だったので、ピーク時間がある程度決まっていたので頑張れました。
巷で良く言われている「ブラック」に感じたことも全くありませんでした。立ちっぱなしで一日仕事はやはり大変でしたが、飲食のアルバイトはどこも同じですね。
評価:

 

都内オフィス街のサンマルクカフェで働いていました。お店の開店時間が早く、出勤時間も早いため慣れるまでは朝起きるのが大変でした。

またオープンから入れる人が少ないため「オープンから入れない?」と言われることも多く断りにくい雰囲気でした。
ですが、ドリンク作成やパン焼きなど仕事内容はとても楽しく料理が好きなこともあり勉強になりました。
学生も何人かいて、皆で和気あいあいと働けたので楽しかったです。
オフィス街のため常連のお客様が多く、顔を覚えて話しかけてくださるのがとても嬉しかったです!
評価:

 

面接自体はとても簡単でしたが、研修が結構あります。メニューを覚えて復唱したり、実際に作ったりするのが合計10回ほどだったと思います。

私は研修センターのような所で研修をしていましたが、一回行くのも一苦労でした。
働いてみると、早朝は人数が少なく絶対に休めない雰囲気だったのですがシフトは融通が利きました。
ラストの人は残ったパンをもらえるのですが、ラストはメンバーが決まっていて入れませんでした。
人数が少なくお客様が多いので、飲み物やサンドイッチなどのクオリティが下がってしまい怒られることもありました。私は3ヶ月で退職しました。
評価:

 

常に忙しいと言っても過言で無いほどお客さんが途切れないので、ほとんどのバイトがいっぱいいっぱいの状態でした。

社員さんがいないのでバイトのみで働いており、責任者がいないのが不安でした。
研修はしっかりしているので仕事は難なく覚えられました。
時給はなかなか上がらず、上げようと思うと試験を受けないといけないのですが試験を会社側の都合で中々受けさせてもらえなかったので最後まで同じ時給で働きました。
夜よりも早朝のシフトのほうが客層もよく、また同僚なども仲良くでき楽しかったです。
評価:

 

入ったばかりの頃は先輩がきちんと丁寧に教えてくれました。

食器洗いから掃除、ドリンク、接客など順を追ってやれる事を増やしていくという感じでやりやすかったです。
先輩がきちんとフォローもしてくれて助かりました。私が働いていた頃はまだ今より商品数が少なかったので、パンの名前を覚えるのが少し苦労しました。
今はデザート類が豊富なのでもう少し大変かなと思います。新商品のパンの試食もできて楽しくバイトができていました。
シフトも比較的大学の行事も考慮してもらえていました。
評価:

 

 

これらの口コミから分かったことですが、特に目立つ点としては

 

忙しい時が多い
シフトは比較的融通が利く可能性がある
人間関係は比較的良い傾向

 

ということが分かりました。バイトするかどうか迷っている方に参考になれば幸いです。

 

サンマルクカフェのバイトを探す方法

基本アルバイト求人サイトから探すのですが、使えるサイトとして「アルバイトEX」という有名なサイトがあります。このサイトはanやジョブセンスなど大手系のバイト情報をまとめたサイトになるので求人がたくさん集まっているのです。サンマルクカフェの求人をアルバイトEXで調べてみると、かなり多くの案件にヒットしますので是非一度調べてみてください。

 

 

 

サンマルクカフェの仕事内容について

キッチン

バイトが決まって最初からキッチンをするという事は殆どありません。他の仕事に慣れてきて、それを一通り出来るようになってからキッチン業務をするというのがサンマルクカフェのスタイルとなっている。

 

お馴染みの「チョコクロワッサン、通称チョコクロ」を始め、さまざまなベーカリーをキッチンで作りますし、ドリンク、店舗によってはカフェなどのスイーツを作るのもキッチンの仕事です。

 

新商品や季節の商品など沢山の種類がありますので、覚えるまでが大変という声もありますが、パンを100個作ったら慣れた気がする、などという先輩もいます。

 

分からないことはきちんと聞いて、レシピを覚えていきましょう。

 

 

カウンター

カウンターの仕事は基本的には、お客様の注文を受け、会計をするという流れになります。慣れてきたら、ドリンクを用意する場合もあるのです。

 

テイクアウト商品の販売のレジ業務もカウンターの仕事です。お客様からの注文内容を正しく聞きとり、その注文をキッチン担当に間違えずに通すことは重要です。

 

レジ操作やドリンクの種類、フードの種類はメモを取ったり、先輩に聞いて覚えるようにすると良いでしょう。同時に各種カードや電子マネーなどの扱いにも慣れることも大事ですね。

 

 

ラウンド

ラウンドとは、お客様の飲食の後片付けをすることです。テーブルから食器類をさげ、テーブルを拭いて次のお客様に快適に過ごして頂くための大事な仕事です。

 

フロアから洗い場までの距離があると大変…というクチコミもありますが、仕事をしながら運動をしている、と思えば辛くないですよね。

 

店内を綺麗に保つのは飲食店の基本です。このラウンドの仕事と洗い場の仕事はアルバイトを始めてすぐのひとが任される仕事でもありますので、まずはこの二つを頑張りましょう。

 

 

食器洗い&清掃

下げ台(トレーやカップなどをテーブルから持ってきて置いておく場所)から使用済みの食器を持ってきて、洗う業務です。トレーはトレー、パン皿はパン皿、シルバーはザルに入れる、カップ類は水を貯めたシンクに入れるなど、種類ごとに食器を分けてから洗うことを勧めます。

 

効率よく、手早く丁寧に、食器を綺麗にしていきましょう。同時に乾いた食器を補充するのもまた、洗い場の仕事です。気配り目配りを忘れずに、頑張りたいですね。洗い場は、アルバイトを始めたばかりのひとが主に担当する場所でもあります。

 

また清掃は文字通り、床も含めた店内全部の清掃になります。こちらは閉店後のアルバイトとして別途募集をかけているようですので、興味のある方はアルバイト情報をチェックしてみてください。

 

 

合唱メニューをまずは覚える!

サンマルクカフェでバイトをしている人なら当然知っているのがこの「合唱メニュー」です。お客様が入店されてから、注文、商品を飲食購入され、送り出すまでのマニュアルが「合唱メニュー」と呼ばれているのです。

 

要は接客マニュアルで、30項目くらいがA4の用紙一枚に書かれているので、働いていれば自然に身に着くことでもあります。この「合唱メニュー」を覚えることが、サンマルクカフェでアルバイトすることの第一歩ともいえるので、暗記するようにしましょう。

 

 

以上が主なサンマルクでの仕事内容となります。一般的なカフェと比較してもそこまで仕事量が増えるという訳ではありません。喫茶店などで良くある仕事がメインとなりますので、飲食業を経験している方なら違和感なくバイトやパートが出来るでしょう。

 

サンマルクカフェの面接対策

良く言われるのが、カフェのアルバイトは採用基準がやや厳しいという話。果たしてその辺はどうなのでしょうか。一般的に面接で大切になることを項目別に考えていきましょう。

 

 

面接の時の服装は?

おすすめは清潔で、シンプルな服装で面接するのがベストになります。飲食業意外でも言えることですが、清潔感はポイントになります。またカフェですので落ち着きのある服装がいいでしょう。

 

私服で面接は大丈夫です。髪に関しても長髪はまとめる、ヘアダイの色はなるべく元の色に近い物を勧める先輩が多いので参考にして下さい。

 

 

面接にて良く聞かれる事は?

やはり土日祝日は入れるか、とか希望の勤務時間帯など定番の質問は良く聞かれます。他、勤務期間なども良く聞かれる質問です。シフトの組み方などについて説明を受けたりすることも。

 

サンマルクカフェは大学生のアルバイトを始め、主婦、主夫、その他様々なひとが働いています。早朝から深夜まで、長い時間営業するカフェですので、色々な時間帯で働くことも出来ます。

 

それぞれの店舗によってシフトの最低条件などがありますので、自分がどの位勤務出来るかをスケジュール管理しながら、働ける日時をきちんと話しましょう。

 

 

また志望動機ははっきりと答えられるように良く考えておきましょう。なぜココで働きたいのか、幾つもあるカフェの中でなぜサンマルクカフェを選んだのか。

 

そのあたりのことを自分の言葉で素直に話しましょう。将来カフェの店を持ちたい、飲食店で働いていた経験を活かしたい、自分が好きなカフェなので是非働きたいなど、経験や将来を見据えた心構えなどもしっかりアピールしたいですね。

 

 

サンマルクカフェには制服があるのか?

サンマルクカフェに行ったことがある人はお分かりと思いますが、ベースが茶色のストライプが入ったエプロンがあります。サンマルクカフェでこれが制服です。

 

ですが、無料で支給されるのではなく実費負担(3000円)なのです。またエプロンの下は白のポロシャツ(カットソーなどではなく襟付きのきちんとしたもの)と黒のズボンに黒い靴着用となっているので、こちらも自分で用意しなければなりません。

 

男女とも同じです。靴も動きやすいヒールの高さのものを選びましょう。ローファーなどがアルバイトのひとには好まれているようですね。全てそろえる場合、制服の費用として7〜8000円位必要になります。

 

カメラ検定と呼ばれる昇給制度について

サンマルクカフェでは、「カメラ検定」に合格することによって昇級となります。査定内容としては、本部運営スタッフとテレビカメラを通して面接する感じです。

 

テスト内容はレベルに合わせて1〜5項目まであり、1〜3が接客とドリンクのレジについてや、ドリンクのレシピやフロアを回る時にする業務に関するもの。

 

4&5がベーカリーレシピ、品質管理、フード類の製造に関するもの、となっているようです。1の段階でも身だしなみのチェックや、合唱メニューを間違わずに言う、などがあるということです。

 

頑張りが昇級に繋がりますので励みになりますね。

 

サンマルクカフェで働くメリットとは?

サンマルクカフェでアルバイトをするメリットを考えてみましょう。メリットを考えた上でアルバイトをするかどうか決めるといいです。

 

カフェの仕事について学べる

カウンター業務、キッチン業務、ラウンド、洗い場、など、全ての店内業務をこなすのがサンマルクカフェでの仕事です。早朝なら開店業務、深夜なら閉店業務もあり、アルバイトであっても社員同様に責任を持って仕事をこなすことが要求されます。

 

覚えることも多く、最初は続ける自信がないというひとも多いのが実情ですが、数か月、半年と仕事を続けるうち、気が付けばベテランのアルバイトになっているという感じになる位、やりがいがあるというひとも多いです。

 

将来カフェを開くのが夢というひと、社員になりたいというひと、カフェという仕事を極めたいというひとも飲食店での経験を積みたいひとも、充分な業務内容だと思えるのがメリットといえるのではないでしょうか。

 

昇給テストが実施している

アルバイトを続けていると、昇給が気になりますよね。仕事によっては昇給があるという話だったにもかかわらず、いつまでたっても昇給出来ない、という理不尽なことが残念ながらあるようです。

 

サンマルクカフェでは、昇給するためにはテストを受けて合格するという条件が打ち出されているので、仕事を頑張ってテストに受かれば確実に昇給出来るのが良いですね。

 

都合よく働く環境がある

忙しいカフェではシフトが厳しいので都合よく働くことができないのではないか、そんな不安もあります。サンマルクカフェでは店舗によって異なりますが、シフトに関してはかなり融通が利くようです。

 

「都合よく働く」というバイトを探している方へお勧めのバイトでもあるのです。学生さんや主婦にもその点が好評で、人気があります。曜日や時間帯など様々な点で融通が利く傾向にあるのです。

 

 

人間関係が良い店舗が多い

クチコミでも多いのが、職場での人間関係がとても良いということです。時間帯によって、年齢や環境の似たひとがアルバイトとして入ることが多いためか、働いてみたら親切なひとが多くて居心地が良いという声が沢山あります。

 

この人間関係がいいというのは、仕事では大切なポイントになりますね。長続きして働く為にも人間関係は良くしておきたいところです。

 

気になるデメリットは?

制服代がかかってしまう

制服に関しては、エプロンが自前であることに疑問を持っているひとも多いようです。経営方針なのかもしれませんが、この点が改善されればサンマルクカフェでアルバイトをしたいひとがより増えるかもしれません。

 

大学生歓迎は何回生かによる

こちらも店舗によりますが、店としてはなるべく長く働いてくれるひとが好ましいので、就職が決まって半年くらい働きたい、などという場合は採用は難しいという話もあります。

 

交通費が出ない可能性もある

店舗によっては上限はありますが交通費支給の店もありますが、基本的には交通費が支給されないことが多いようです。交通費がかかるのはデメリットと言えますので、もし働く場合はなるべく近くのお店で働くのがベストでしょう。

 

高校生がバイトできる店が少ない

高校生でもサンマルクカフェでバイトをしたい!と思っている方もいるでしょう。しかし現状は高校生可という店舗はかなり少ないのが現状のようです。

 

人手不足が慢性化している店も

店舗によっては社員のひとが余り来ない、人数が不足がちという話もあります。自分が勤務したい店舗が決まっていたら、一度お客としてそのお店を見てみるのが良いかもしれませんね。

 

サンマルクの企業ってどんな企業?

サンマルクカフェは、サンマルクホールディングスが運営する、ベーカリーカフェです。一杯だての自慢のカフェや、渋谷二号店で出来た「チョコクロワッサン」が大人気の全国展開をしているカフェです。

 

グループではさまざまな飲食の店を展開しています。以下に幾つかをご紹介しましょう。あの店舗ってサンマルク系の企業が経営していたのか、ということが分かります。

 

ベーカリーレストランサンマルク

こちらはレストランで、ソースにこだわった料理が自慢の、生演奏も楽しめる落ち着いた趣の店です。料理にぴったりの焼きたてパンにもこだわっています。

 

はこだて市場

お寿司のお店です。寿司米は、道南地方でしか出荷されていなかったこだわりのお米を一部使用しているこだわりがあります。自信の寿司ネタも、担当者が市場から良い物を厳選。

 

石焼炒飯店

あつあつの石焼メニュー専門店です。こちらがサンマルクグループだというのは案外知られていないかもしれません。

 

神戸元町ドリア

チーズとドリアの絶妙なハーモニーが味わえる、窯焼きドリアの専門店です。窯焼きであることで美味しさがいっそう引き立ちます。

 

 

いかがでしたでしょうか。まだご紹介していない店舗もありますが、ベーカリーカフェサンマルクは「お客様にとって最高のひとときを提供する」をモットーに、飲食店を展開しているサンマルクグループのカフェです。

 

カフェが好きなひと、サンマルクカフェが好きなひと、「バリスタ」を目指したいひと、さまざまな動機でアルバイトをしている仲間と共にサンマルクカフェでアルバイトしてみるのも良いかもしれないですね。